九州有明海 地魚センター 中尾鮮魚店(大牟田市・荒尾市、四ッ山県境)(魚屋|鮮魚|刺身|大牟田市)TEL:0944-53-0722【なび福岡】

なびシリーズで店舗を宣伝しませんか。
なび福岡 >  福岡県 魚屋|鮮魚|刺身 >  大牟田市 >  三里町 >  九州有明海 地魚センター 中尾鮮魚店(大牟田市・荒尾市、四ッ山県境)

所属カテゴリ福岡県大牟田市の魚屋|鮮魚|刺身を見る。

九州有明海 地魚センター 中尾鮮魚店(大牟田市・荒尾市、四ッ山県境)

0944-53-0722

〒836-0076 福岡県大牟田市三里町3丁目4−1

営業時間 : 9:00〜16:00(完売次第、閉店させていただきます。)※定休日:毎週日曜・祝祭日

※営業時間や定休日は変わる可能性があります。

業種ランキング:魚屋|鮮魚|刺身

- 特派員コメント -

詳しい情報を登録頂き、ありがとうございます!!

ストリートビューで確認しましたところ、
「お刺身盛り合わせ、仕出し等も承ります。」
「これからも、地域の皆様とともに・・・。」
との表示を確認しました。

店舗内も広くて、たくさんの魚介類が並べられている様子がわかります。

(2013年3月時点のストリートビュー画像確認)


特派員

さん

九州有明海 地魚センター 中尾鮮魚店(大牟田市・荒尾市、四ッ山県境)の店舗情報

内容を編集

地図

   地図写真ストリート

紹介文

特徴など 当店は、おかげさまで、創業80年を越えました。これからも地域の皆様とともに歩んでいきます。特徴は、有明海(地魚)中心とした九州近海産の魚介類販売専門です。鮮度にこだわり、朝仕入れた魚介をその日に売り尽くす方針で、開店時から賑わいのある魚屋です。おもてなしの心の実行を企業理念に、完全対面型販売を貫き、お客様お一人お一人のニーズにお応えできるよう、コミュニケーション(対話)を大切に頑張っています。
鮮魚店としては、九州最大級の看板が目を引きます。どうぞ、大牟田市と荒尾市の県境に位置する「九州有明海 地魚センター 中尾鮮魚店」にお立ち寄りください。昭和の良き懐かしい時代の風情と人情とともに、先代からの鮮度へのこだわりで、皆様をお迎え致します。スタッフ一同、皆様とお会いできることを心より楽しみにしております。どうぞぜひ一度、お立ち寄り下さい。※定休日:毎週日曜日、祝祭日
写真 事業所 - 店舗の紹介は店舗情報変更から足す事が出来ます。

基本情報

会社名・店名 九州有明海 地魚センター 中尾鮮魚店(大牟田市・荒尾市、四ッ山県境)
住所 〒836-0076福岡県大牟田市三里町3丁目4−1

フクオカケン オオムタシ ミサトマチ 3チョウメ

最寄駅 荒尾駅(1km)
駐車場 あり
営業時間 9:00〜16:00(完売次第、閉店させていただきます。)※定休日:毎週日曜・祝祭日
電話 0944-53-0722
ホームページ
メールアドレス

グーグルストリートビュー

ストリートビュー

※位置が少しズレる場合有。Googleによる利用上限により時間によっては表示されない場合有。

インドアビュー

なび特派員の推薦記事

記事をリクエスト
事業者関連情報
なび特派員記事 詳しい情報を登録頂き、ありがとうございます!!

ストリートビューで確認しましたところ、
「お刺身盛り合わせ、仕出し等も承ります。」
「これからも、地域の皆様とともに・・・。」
との表示を確認しました。

店舗内も広くて、たくさんの魚介類が並べられている様子がわかります。

(2013年3月時点のストリートビュー画像確認)


特派員
情報確認日

2017-01-18確認:これ以降情報が変わる可能性が有ります。

情報登録履歴
ストリートビューと特派員情報を追加しました。(2017-01-18)

こちらの情報は特派員が上記日に情報を調べ足しました。情報が変わった場合はお手数ですが上の変更申請より情報の変更をされるかお問い合わせよりお知らせお願いいたします。こちらで変更いたします。

※店舗情報変更はこちらから変更していただけます。

店舗情報変更

もしくは 新規登録削除申請

スポンサードリンク

業種別アクセスランキング

なびニュース - 九州/沖縄地域版 福岡・佐賀・長崎・大分・熊本・宮崎・鹿児島・沖縄

なびニュース - 九州

『女人禁制』と言われると、女性なら多くの方がより興味を抱くのではないでしょうか。
来月に大分で行われる『日田祇園祭』において、山鉾に女性が乗ることが認められたそうです。
以前からお祭りに関わっていた女性グループの念願が叶ったかたちのようです。

このお祭りには300年を超える歴史があるようなんですが、今回のような対応は初めてとのこと。

えふの地元では、お祭りには女性も参加する風習がありますので「祭りは男のもの」という感覚はあまりないのですが、全国にはこの日田祇園祭の曳山のように女人禁制を守ってきたお祭りというのは結構あるようですね。
(熊本県山鹿市の山鹿灯籠まつりは女性が主役のお祭りです)

その他には、国技の相撲においても女性が土俵へ上がることが禁じられています。
また、イコモスより世界遺産への登録対象の勧告を受けている福岡の『沖ノ島』も女性の上陸が禁止されている島です。

このように、日本には伝統的に『女人禁制』をうたっている行事や場所などが現在でも存在しているのですが、それには良かれ悪かれ、いろいろな理由があるようです。
ただ、今日取り上げた日田祇園祭の山鉾のように、女性から参加の希望や理由に関する問いが上がったときには、真摯に協議することが近代的なやり方のように思います。

昔よりも様々な技術が進歩し、女性の身体能力なども発達した今、その理由の多くには女人禁制を貫くほどの説得力は失われてきているのではないでしょうか。
それでもやはり『伝統や文化』を守り続けるという意味では、慎重な検討を重ねたうえで、男性女性間での十分な理解を深めておく必要があるのではないかと思います。

特派員えふ 2017/06/27

キーワード検索

なびシリーズからのお知らせ!

大規模プログラムトラブルによりご迷惑をお掛けしております。なびシリーズはまだ機能制限がございます。

  • 新規登録・変更・削除受付可能です

なびシリーズ復帰状況
2017/06/21

お時間を頂戴していますが鋭意開発中!

一体報道の切り取り方って何なんだ?何が本当なんだ。。。


モバイル版はこちら

九州有明海 地魚センター 中尾鮮魚店(大牟田市・荒尾市、四ッ山県境)
s.navifukuoka.com/0944-53-0722/