あいミート(精肉|食肉|肉屋||古賀市)TEL:092-944-5611【なび福岡】

なびシリーズで店舗を宣伝しませんか。

所属カテゴリ福岡県古賀市の精肉|食肉|肉屋|を見る。

あいミート

092-944-5611

〒811-3112 福岡県古賀市花見東4丁目1−2(マルキョウ花見店敷地内)

営業時間 : 9:30〜19:30 火曜定休

※営業時間や定休日は変わる可能性があります。

業種ランキング:精肉|食肉|肉屋|

- クチコミ有り!-

唐揚げが安くて美味しい! メンチカツもジューシーです☆ ブランドの最高級のお肉も半額で水曜日に販売している(*^ω^*) スーパーでは食べられない味(^O^)

お肉大好き

あいミートの店舗情報

内容を編集

地図

   地図写真ストリート

紹介文

特徴など 低価格から、高価格のブランド肉まで、幅広くとり揃えております。
特に、ママには嬉しい味付け簡単商品や、お皿に盛り付けて食べるだけや、お握りの具材にもってこいの商品も多数ご提供させて頂いております。
毎週水曜日から日曜日まで、『びっくり肉市』と題しまして、お買い得商品を日替わりでご提供させて頂いております。
あと、大人気の唐揚げも水曜日、土曜日、日曜日に揚げながら販売しております。
さらに、あいミートではポイントカードも無料で随時発行しております。
1,000円のお買い物で1ポイント、有効期間は発行日から2年間、20ポイント貯まると1,000円の値引き券になります。
そして、雨や雪が降っているときは、足元が悪いのにご足労頂いたことに感謝して、ポイント2倍とさせて頂いております。
皆様のご来店、心よりお待ちしております。
写真

基本情報

会社名・店名 あいミート
住所 〒811-3112福岡県古賀市花見東4丁目1−2(マルキョウ花見店敷地内)

フクオカケン コガシ ハナミヒガシ 4チョウメ

最寄駅 千鳥駅(0.47km)
駐車場 有り
営業時間 9:30〜19:30 火曜定休
電話 092-944-5611
ホームページ https://www.facebook.com/%E3%81%82%E3%81%84%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%83%88-744796025581061/
メールアドレス

グーグルストリートビュー

ストリートビュー

※位置が少しズレる場合有。Googleによる利用上限により時間によっては表示されない場合有。

インドアビュー インドアビューは店舗情報変更から足すことが出来ます。

なび特派員の推薦記事

記事をリクエスト
事業者関連情報
なび特派員記事 Facebookより情報を発信されています。
マルキョウ花見店の右隣にクリーニング屋さんがあり、その隣にあいミートさんのお店があります。

(2015年1月時点のストリートビュー画像確認)


特派員
情報確認日

2017-03-18確認:これ以降情報が変わる可能性が有ります。

情報登録履歴
ストリートビューと特派員情報、Facebookを追加しました。(2017-03-18)
休日・営業時間・駐車場情報を追加しました。(2015-01-13)

こちらの情報は特派員が上記日に情報を調べ足しました。情報が変わった場合はお手数ですが上の変更申請より情報の変更をされるかお問い合わせよりお知らせお願いいたします。こちらで変更いたします。

※店舗情報変更はこちらから変更していただけます。

店舗情報変更

もしくは 新規登録削除申請

スポンサードリンク

業種別アクセスランキング

なびニュース - 九州/沖縄地域版 福岡・佐賀・長崎・大分・熊本・宮崎・鹿児島・沖縄

なびニュース - 九州

『女人禁制』と言われると、女性なら多くの方がより興味を抱くのではないでしょうか。
来月に大分で行われる『日田祇園祭』において、山鉾に女性が乗ることが認められたそうです。
以前からお祭りに関わっていた女性グループの念願が叶ったかたちのようです。

このお祭りには300年を超える歴史があるようなんですが、今回のような対応は初めてとのこと。

えふの地元では、お祭りには女性も参加する風習がありますので「祭りは男のもの」という感覚はあまりないのですが、全国にはこの日田祇園祭の曳山のように女人禁制を守ってきたお祭りというのは結構あるようですね。
(熊本県山鹿市の山鹿灯籠まつりは女性が主役のお祭りです)

その他には、国技の相撲においても女性が土俵へ上がることが禁じられています。
また、イコモスより世界遺産への登録対象の勧告を受けている福岡の『沖ノ島』も女性の上陸が禁止されている島です。

このように、日本には伝統的に『女人禁制』をうたっている行事や場所などが現在でも存在しているのですが、それには良かれ悪かれ、いろいろな理由があるようです。
ただ、今日取り上げた日田祇園祭の山鉾のように、女性から参加の希望や理由に関する問いが上がったときには、真摯に協議することが近代的なやり方のように思います。

昔よりも様々な技術が進歩し、女性の身体能力なども発達した今、その理由の多くには女人禁制を貫くほどの説得力は失われてきているのではないでしょうか。
それでもやはり『伝統や文化』を守り続けるという意味では、慎重な検討を重ねたうえで、男性女性間での十分な理解を深めておく必要があるのではないかと思います。

特派員えふ 2017/06/27

キーワード検索

なびシリーズからのお知らせ!

大規模プログラムトラブルによりご迷惑をお掛けしております。なびシリーズはまだ機能制限がございます。

  • 新規登録・変更・削除受付可能です

なびシリーズ復帰状況
2017/06/21

お時間を頂戴していますが鋭意開発中!

一体報道の切り取り方って何なんだ?何が本当なんだ。。。


モバイル版はこちら